派遣として数社を経験

派遣は損してることが多いです

派遣と正社員の違いは沢山ありますが、一番大きな違いは、ボーナスがあるかないかだと思います。どんなに一生懸命働いてもボーナスをもらえないのは、とても悔しいところです。派遣法を改正する時には、派遣社員に対するボーナスについても、真剣に検討して欲しいものです。派遣で働いている人たちは、派遣会社に就職しているのと同じことですから、派遣会社からボーナスを支給されて当然だと思います。ボーナスと同様に、派遣で働くと損をしていると感じることがあります。以前働いていた会社では、有給休暇の希望がなかなか受け入れてもらえないことがありました。有給休暇の希望日が重なった場合、社員が優先されていました。シフト作成の担当者から、「この日は繁忙が予想されるので、有給休暇は無理です」と言われ希望を変更させられたり、そもそも休み自体が取れなくなったりしました。そして、できあがったシフト表を見てびっくり。私の希望は却下されたのに、社員はちゃんと有給休暇が取れているではありませんか!こんなことが重なり、派遣会社の担当コーディネーターに相談をしました。私の話を聞いた担当コーディネーターには「その辺はグレーなんですよ」というあり得ない一言で済まされました。こんな風に、派遣社員は何かと割に合わないことが多いです。それでも色々な事情があって、派遣でしか働けない人も本当にいっぱいいるのです。労働と待遇のバランスがとても悪いと感じているのは、私だけではないと思います。派遣社員がもっと働きやすいように、是非とも改善してほしいものです。